いくらかかる?マンション売却費用のシュミレーション

マンション2

マンションの売却を検討している場合には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。マンションの売却には様々な費用がかかります。マンション売却費用をしっかりと把握していないと、売却してもトータルで損をする可能性もあるので注意が必要です。

ここでは、マンションを売却する際の流れや売却時に発生する費用などを詳しくシュミレーションしてご紹介します。

マンション売却の減価償却費とはどのようなものか

マンションの売却の前に知っておくべきポイント

マンションなどの不動産を売却するためには、売却する前の事前の準備が非常に大切です。まず、売却を依頼する不動産会社をしっかりと厳選しましょう。不動産会社が違えば査定額も変わってくることもあるため、不動産会社を選ぶ際には慎重に判断する必要があります。

不動産会社を選ぶ際には売却価格・スタッフの対応・各種サービスの3点をチェックします。不動産会社が提示するマンションの売却価格が適切なものかを知るためには、マンションの売却価格の相場を把握しておきましょう。

相場と比較して納得できる売却価格なのかを判断します。次に、スタッフの対応についても要チェックです。信頼できるスタッフなのか、対応は的確で誠実なものかという点を見るようにします。大切なマンションの売却を担当してもらうわけですから、安心して任せることができるスタッフであることは重要なポイントです。

不動産会社がどのようなマンションの売却についてのサービスを行っているかも確認しておきましょう。不動産会社が行うマンション売却の仲介の中には、手続きの代行などのサービスがある場合があります。売却に関して発生する様々な申請や手続きなどもサポートしてくれる不動産会社がおすすめです。

マンション売却の流れ

実際にマンションを売りたい場合には、どのような流れになるのでしょうか。最初にマンション売却の仲介をする不動産会社を決定します。不動産会社を決定するために、複数の不動産会社に査定を依頼して比較検討します。

不動産会社が決定したら媒介契約を結びます。次にマンションの買い手を探す期間になります。主に不動産会社がチラシを作成したり、サイトに情報を掲載したりして買い手を探してくれます。購入を検討している買い手が現れたら内覧の対応などを行います。

買い手と売買契約を結ぶために、マンションの価格や引渡しの時期などの細かい条件なども決めていく必要があります。売買契約締結後にはマンションの売買代金を決済します。様々な申請書類などを処理し、マンションを引き渡します。

マンションを売却した翌年には確定申告が必要になることが多いので、引き渡したことで安心して忘れることがないようにしっかりと行いましょう。

マンション売却に関する注意点

マンションを売却する際には、様々な点に注意しなくてはいけません。売却期間中は買い手を探している状態ですが、集客を不動産会社に丸投げして自分は何もしないのはおすすめできません。良い買い手に巡り会うためには、自分も積極的に集客活動を行うべきです。

不動産会社とこまめに連絡を取って、集客が伸びない場合には何か策を考える必要があります。ただし、マンションの売却は時間がかかるものですから、焦って売却する必要はありません。一般的に売却前の準備に1ヶ月程度、売却中の期間が1ヶ月から長い場合には1年かかることもあります。

その後の売却決定から引き渡しまでも1ヶ月はかかりますので、時間的な余裕が必要になります。マンションは築年数によって、価格が下がっていきます。売却のタイミングを逃さないように注意しましょう。また、高くマンションを売りたいために、不利な情報を隠しておくことは絶対に避けます。

実際に騒音や欠陥などのマイナスな情報を隠していたりすると、後々のトラブルになってしまいます。意図的にこのような情報を隠していると瑕疵担保責任を問われて裁判になることもあります。マンションの現状などはマイナス面も含めて正直に不動産会社に伝えましょう。

マンション売却にかかる各種費用

マンション売却には各種費用がかかります。マンション売却にかかる費用は、大きく分けると仲介手数料・印紙税・抵当権抹消関連費用・各種証明書類取得手数料の4つです。これ以外にも細かい費用はかかりますが、まずはこの4つの費用について正しく理解することが大切です。

仲介手数料は、マンション売却の仲介を行う不動産会社に支払う手数料です。この仲介手数料はマンションの売買が成立した時に発生する成功報酬という形を取っています。仲介手数料にはマンションの査定料や様々なサポート料などが含まれています。

仲介手数料に含まれているため、不動産会社が行うマンションの査定は必ず無料ですので、マンション売却前に不当に請求されることはありません。

印紙税は売買契約書などの書面に収入印紙を貼り付けて納税する税金です。売買契約の時点で書類に収入印紙を添付する必要があります。印紙代はマンションの売却金額によって異なります。抵当権抹消関連費用は住宅ローンが残っている場合のマンション売却に関わる費用です。

マンションの売却と同時に抵当権の抹消を行う必要があり、その際に登録免許税と司法書士手数料がかかります。次にマンションを売却する際の各種証明書類を取得する際に手数料がかかります。マンション売却に伴って所有権移転登記が必要なため、印鑑証明書や住民票、固定資産税評価証明書などの証明書の発行が必要で、それぞれ発行のための手数料がかかります。

マンション売却費用のシュミレーション

マンションの売却には様々な費用がかかりますが、具体的にはどのような価格になるのでしょうか。実際にそれぞれの費用についてシュミレーションしてみます。仲介手数料の相場は、売却取引額が200万円以下は取引額の5%まで、200万円以上〜400万円以下は取引額の4%プラス2万円まで、400万円以上は取引額の3%プラス6万円までとなっています。

印紙税は売買契約書の売買金額によって変動します。売買金額が100万円以上〜500万円以下の場合は1,000円、1,000万円以上〜5,000万円以下の場合は10,000円と売買金額に合わせて増額されていきます。

抵当権抹消関連費用の一つである登録免許税は、不動産一件につき1,000円です。建物と土地がある場合には、不動産が2つあるので2,000円かかります。

同じく抵当権抹消関連費用の司法書士手数料は抵当額によっても異なり、8,000円〜35,000円ほどです。所有権移転登記に必要な印鑑証明書は一通300円、住民票は一通300円、固定資産税評価証明書は一通300円が一般的な手数料になります。

これらのマンションの売却にかかる費用は、おおよそマンションの売却価格の約3.5%ほどになります。

関連資料>>マンション売却の心得|https://xn--u9j0hmenb6cc5492dmgjq5otma.jp/